パシフィックスカイダイビング

場所

ノースショア

主催社

Pacific Skydiving

所要時間

約6時間以上

送迎

往復送迎付き

含まれる物

ワイキキ内の主要ホテル往復送迎、州税、器材レンタル、インストラクター、証明書

持参

動きやすい服装・靴着用、別途チップの支払い要. スカート、タンクトップでの参加は出来ません。

タグ
カップル, 単独, 午前中
$150 から
最低価格保証

内容

ハワイ,オアフ島上空で最高のスリルとアドベンチャーを私たちと一緒に体験しませんか?  世界でも有名なこの場所でベテランインストラクターと一緒に飛び,その感動を映像に残しましょう。 上空14,000フィート(約4260m)から真っ青な空の中へ飛び出してみませんか。上空にあがればオアフ島はもちろんハワイの他の島々だって見ることができます。映画で有名なカエナ岬,パールハーバー,ダイヤモンドヘッドさえ一望する事ができます。 こんな体験 他では絶対味わえない!!インストラクターと一緒だから勇気なんて要りません。めいっぱい楽しむだけ!!

パシフィックを選ぶ理由

  1. タンデムスカイダイビングのアクティビティにおける素晴らしい安全記録を保持しております。
  2. パシフィックには42年以上のスカイダイビングの経験があります。
  3. パシフィックはハワイで唯一、軍の訓練とHALOジャンプにおいてアメリカ国防総省(DoD)の公認を受けたスカイダイビング会社です。 — パシフィックはこれをとてもクールだと考えています。
  4. Better Business Bureau(米国商事改善協会)からA+の格付けを受けています— 多くのお客様が喜ばれたという事です!
  5. パシフィックはスカイダイビング用に改良された、市場において最も強力な、そして最新の200万ドルの2機の飛行機を所有しています(supervan 900hp) 。高度24,000FT(7,315m)まで、定員は21名です。パシフィックの飛行機は従来のものより10%の燃料節約ができ、それにより二酸化炭素の排出量を抑えることが可能です(他にこのような「緑の」スカイダイビング用飛行機はありません)!
  6. パシフィックは国際的に見て最も経験のあるUSPAライセンスインンストラクターによって指名されたUSPAドロップゾーンです — インストラクターの中には21,000回ものタンデムジャンプを記録している者もおります。
  7. 映画撮影においても私達のスカイダイビング施設をお使いいただいております — HAWAII FIVE-O、ハートブルー、ER、ロスト、アメージング・レース、ジュラシックパーク等を初め数多くの映画があります。大きなテントを備えた10,000sqft(約930㎡)にも広がるデッキで皆様に快適にお過ごしいただけます。
  8. 快適なメルセデスベンツのバンによる、最高の送迎サービス!
  9. パシフィックには世界記録保持者がいます。「15xギネス世界記録、スカイダイビングにおける最大フォーメーション(400名)、2006年2月」

初めてのスカイダイビング

到着&トレーニング

初めてのスカイダイブに当たっては準備する事がありますので、予定時間通りのお越しをお願いいたします。到着されましたら、チェックインを行い、短い講習ビデオを見たあとに権利放棄書類にご記入頂きます。それが終わればお客様を含むグループは次の離陸に向けて一列に並んでいただきます。フライトの約15分前にお名前をお呼びし、ギアアップエリアでハーネス等の機材を正しく装着します。ここで担当のインストラクターとビデオグラファー(予約がある場合)に会い、初めてのスカイダイビングに向けて出発します!飛行機の定員は21名までで、一度に6〜8名のお客様をお乗せすることができます。

ビデオグラファー/フォトグラファー

ビデオまたは写真撮影パッケージを選ばれた場合、機材装着時に担当のカメラマンからご挨拶いたします。お客様が生まれて初めての経験にむけての準備を行っている間、カメラマンはフライト前のインタビューを撮影いたします。

離陸

離陸したら、インストラクターや他のジャンパーと一緒に、オアフ島の息をのむような素晴らしい景色をお楽しみ下さい。季節によって、快晴の日には近隣の島々や、クジラをはじめとする様々な海洋生物たちが泳ぐ様子を見る事もできます!

レディー・セット・ゴー

高度に達したところで、インストラクターとともに飛行機の出口に出ます!フリーフォール時間は60秒にも及び、速度は時速120マイル(約193km)にもなります!落ちているような感覚(ジェットコースターなどのような)ではなく、まるで空を飛んでいるような体験です、もっと正確に表現するなら、息を飲むようなオアフ島ノースショアの景色の上空で、空の真ん中にあるエアクッションに浮かんでいるような感覚です。
ビデオグラファーはあなたのすぐそばにいて、この体験を全て記録します。高度約5,000FT(1,524m)になったところでインストラクターはパラシュートを開きますので、ノースショアを眼下に穏やかな滑空をお楽しみ下さい。以上がオアフ等での鳥の目のような感覚を楽しめる体験です。5〜6分ほどのパラシュート降下の後、芝生の着陸地点に安全に着地いたします。

ジャンプの後、写真やビデオによってこの体験を思い出しましょう... 初めてのスカイダイビングを!

★最低価格★スカイダイビングスタンダード(2,438m〜3,048m)

午前 5:30, 午前 10:00

*7/16から7/28まで訓練の為スカイダビングのツアーは一時中止となりますのでご了承下さい。

バス
催行会社の車両で送迎致します。バスの種類、乗車人数などは業者によって変わります。
大人(18歳~)

18歳以上66歳未満

$150
最低価格保証
同乗者

付き添いの方、ダイブ無し

$40
最低価格保証

★最低価格★スカイダイビングデラックス(4,260m〜4,572m)

午前 5:30, 午前 10:00

*7/16から7/28まで訓練の為スカイダビングのツアーは一時中止となりますのでご了承下さい。

バス
催行会社の車両で送迎致します。バスの種類、乗車人数などは業者によって変わります。
大人(18歳~)

18歳以上66歳未満

$175
最低価格保証
同乗者

付き添いの方、ダイブ無し

$40
最低価格保証

日程

午前 5:45

ホテルお迎え

午前 7:30

ノースショア到着

午前 8:00 — 午前 9:00

オリエンテーション後、決死のダイブ‼!

午後 1:30

ディリングハム飛行場出発

午後 2:30

ホテル到着

所要時間

プログラム時間
1) 05:30
2) 10:00

安全事項

安全性はパシフィックスカイダイビングの最優先事項です。

 スカイダイビング事業を始めてから今日にいたるまで、タンデムスカイダイビングにおいて非常に優れた安全記録を保持しておりますが、それは至難の業でした。なぜならそれは常に危険と隣り合わせであり、パシフィックスカイダイビングはギア、機材、そしてインストラクターに対する高い品質基準を維持しているのです。 パシフィックスカイダイビングの全てのスタッフは、ジャンパーの皆様の快適さと安全性を保証するために最高レベルの訓練を受けています。そのため、パシフィックスカイダイビングはパイロットやインストラクターに危険と見なされる状況でのジャンプによって、お客様やスタッフの安全性を危機にさらす事は決していたしません。パシフィックスカイダイビングが常に安全性を最優先する理由については、ご参考までに、googleで「skydiving accident Hawaii(スカイダイビング 事故 ハワイ)」で検索してみて下さい。 このような理由により、パシフィックスカイダイビングではお客様の私物カメラ、ビデオカメラ、GoProなどのご利用を禁止しています。もしそれらが下に落ちた時、お客様やスタッフの安全性を損なう危険のあるものは使用できません。どんなに小さな物であっても、適切な訓練を受けなければそれらは危険となりうるのです。 スカイダイビングは負傷や死亡事故が発生する恐れのある危険なアクティビティです。誰もがスカイダイビングを楽しめますが、誰もが緊急事態において適切な行動がとれるわけではありません。年齢、健康状態、各個人の状況、カメラ等の制限があります。お客様がスカイダイビングをする能力があるかを、弊社のマネージャーと担当インストラクターが先入観なしに判断します。それはあなた自身の安全を確保するためなのです。

制限

• 18才以上の方のみご利用頂けます。18-20歳の方は身分証明書が必要です。

• スカイダイビング前24時間はスキューバダイビングを行わないで下さい。 • 利用可能な体重は240ポンド(108kg)までとなっています。200ポンド(90kg)以上から追加料金が発生します。 • 書類のご記入後、ドロップゾーンへ向かうまでには1〜3時間ほどの時間を見込んでおいて下さい。

• 全てのジャンプは、天候により中止となる場合がございます。

• ライセンス保持者の方へ:身分証明書、ライセンス、ログブック等をご持参下さい。

制限

8歳以下のお子様は同行する事が出来ません。お子様連れのお客様は、ご乗車時にお子様の年齢を証明出来るパスポート等のご提示が必要となりますので予めご注意ください。

備考

  • 動きやすい服装・靴着用
  • 別途チップのお支払いが必要となります。 (約20-30ドル)
  • 写真またはDVDの撮影オプションも追加可能ですが、金額などにつきましては現地でご確認下さい。
  • 天候や諸事情により中止になる可能性が有ります。
  • スケジュールの予定時刻、行程は前後する場合があります。
  • キャンセルの場合は、ツアー当日から48時間(2営業日)前までにご連絡下さい。以降は全額お支払となります。
  • このツアーは現地にて免責同意書にサインした後、ご参加できます。 (日本語又は韓国語、英語)

よくあるお問い合わせ

いいえ、タンデムである必要があります。タンデムとはインストラクターのお腹と背中合わせでハーネスでつながれる事です。この場合、あなたが何かを忘れた場合、例えばパラシュートを引く事を忘れた(!)としても、そこにはもう一人の人間がいます。一人でスカイダイビングを行う場合には、ライセンスを取得する必要があります。私達 のスカイダイビングスクール の情報をチェックして下さい。

南国の天気は予測が難しく、常に変化しています、また島の北と南で天気が全く違う事もめずらしくありません。スカイダイビング可能かどうかの天候判断は私達が行います。雨であってもスカイダイビングはできますが、安全性を最大限高めるためにも、ベストコンディションでない天候でのジャンプは避けたいと考えています。

膝丈以上のショーツ、スニーカー、Tシャツが最適です。冬期であれば長袖Tシャツと長ズボンを追加した方がいいでしょう。

はい。食べて頂く事を推奨します。食べ物、お菓子、お飲物は各自お持ち込み下さい。
ビデオを見た後、権利放棄書にサインして頂きます。講習を受け、さらに飛行機の出口や着地について短い説明を行います。14,000フィート(4,260m)以上ではフリーフォール時間が60秒以上になります(アルティメット)、レギュラーのフリーフォール時間は20秒ほどです。どちらの場合にもパラシュートでの降下時間は4〜6分ほどです — 開いたパラシュートで降下します。混雑状況にもよりますが、書類のご記入からドロップゾーンまでは約1〜3時間程度の時間がかかります。

着陸地点の近くでご覧頂けます。なお、同行者はワイキキからの送迎費用として$40かかります。

空中フォトグラファー/ビデオグラファーはあなたと同時にジャンプします。ヘルメットにデジタルスチルカメラとビデオカメラを装着しています。写真とビデオは同時に撮影されます。安全上の理由により、個人のカメラやGoProなどはご利用できません。

無料送迎はワイキキまでお迎えに上がり、約1時間半程かかり、約6時間後に戻ってきます。乗車料金はスカイダイビングをご利用の方は無料、見学の方の料金は$40です。時間はおおよその目安であり、状況により送迎時間が前後する場合があります。 車内での飲食はご遠慮下さい。朝食はピックアップ前までにお済ませ下さい。

はい。200ポンド(約90kg)以上からインストラクター追加料金がかかります。 201ポンド(約91kg)〜210ポンド(約95kg) = 追加料金 $10 211ポンド(約95kg)〜220ポンド(約99kg) = 追加料金 $20 221ポンド(約100kg)〜230ポンド(約104kg)= 追加料金 $30 231ポンド(約104kg)〜240ポンド(約108kg) = 追加料金 $40 体重制限 = 240ポンド(約108.8kg 詳しくはオフィスまでお問い合わせ下さい。
週末のご予約の場合、ドロップゾーンに到達するまでに丸一日ほどかかる事をご理解下さい。 できれば平日のご利用をおすすめいたします。 タンデムの講習は約20分程度です。講習後、出発タイミングは天候、ジャンプされるお客様の人数、書類のご記入など、様々な条件によって左右されます。 理想的な場合、タンデムジャンプは1〜3時間程度で終わる事もありますが、それには様々な要素が関係します。できればその日一日はノースショアでお過ごしになる準備をされた方が良いでしょう。
スカイダイビングは他のあらゆるエクストリームスポーツと同じです — そこには注意深い訓練とその実行が求められる、切り離せないリスクが存在します。訓練に従う事を怠れば、深刻な負傷、または死亡事故につながります。スカイダイビングは個人で行う限りは安全なものです。パラシュート機材は長年の昔から使われている事でその信頼性を証明されています、正しく使う限りは他のどんなエクストリームスポーツよりも安全です。
平均時速120マイル(約193km)ほどになります。
いいえ。スカイダイビングの際には行わなければならない事が多く、カメラに気がまわらなくなり、ジャンプの際に紛失・破損する可能性があります。フリーフォール時やパラシュート時にそれらを下に落としうる危険性を、私達は無視できません。GoProなどのようなアクションカメラも同様です。適切な訓練を行わなければ、緊急事態が起こった際に危険にさらされてしまうのです。
はい。フリーフォール時の映像撮影スタジオをサイト内に設置しておりますので、音楽付きで編集されたビデオと、ジャンプ前のインタビューをお渡しする事ができます。また高解像度のデジタルフォトの撮影も行っております。安全性のため、私物カメラのお持ち込みは一切禁止となります(GoPro、スマートフォン等も含む)
ご覧になったもの
パシフィックスカイダイビング
パシフィックスカイダイビング
よくある質問 FAQ

よくある質問のページです。わからないことがあれば、まずこちらをご覧ください。

VIPツアーご利用案内・お問い合わせ先 808-922-5678

電話でのお問い合わせはこちらからお願いたします。

現地お問合せ
808-922-5678

現地時間: 午前8時〜午後8時

日本からかける場合
国際電話番号(KDDI、NTTなど)+1-808-922-5678

Skypeで お問合せ
050-5532-5017

日本時間:午前3時~午後3時

Add friend